コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鉄 ペク チョル

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白鉄 ペク-チョル

1908-1985 韓国の文芸評論家。
昭和6年来日し,東京高師を卒業後,評論と文学研究に専心。1955年以降韓国の中央大教授。国際ペンクラブ韓国本部委員長もつとめる。朝鮮最初の近代文学通史「朝鮮新文学思潮史」をあらわした。享年78歳。平安北道出身。本名は白世哲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はくてつ【白鉄 Paek Ch‘ŏl】

1908‐85
韓国の文学評論家。本名は白世哲。平安北道義州生れ。1931年渡日し東京高等師範学校を卒業。若いころ一時期左翼的な詩も書いたが,35年以降は文学評論に専念し,プロレタリア文学批判の論陣を張った。《開闢(かいびやく)》記者,《毎日新報》文化部長等を経て,解放後は55年から韓国の中央大教授。国際ペンクラブ韓国本部委員長をながくつとめるなど,幅広い社会的活動をしている。主著《朝鮮新文学思潮史》2巻(1947‐49)は朝鮮最初の近代文学通史であり,客観的な叙述,資料の豊富さ,引用の綿密さにおいても類を見ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白鉄
はくてつ / ペクチョル
(1908―1985)

韓国(大韓民国)の文芸評論家。本名は白世哲。1931年渡日し、東京高等師範学校(後の東京教育大学)を卒業。若いころ一時期、詩も書いたが、35年からは評論と近代文学研究に専念し、以後約50年間を韓国の文学界とともに歩んだ。解放前は新聞雑誌の記者生活、解放後は韓国において55年以降中央大学教授。国際ペンクラブ韓国本部委員長も務めたり幅広い社会的活動をしている。『朝鮮新文学思潮史』2巻(1947~49)は朝鮮最初の近代文学通史であり、客観的叙述と資料の豊かさにおいて今日でも光を失っていない。[大村益夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白鉄の関連キーワード白鉄鉱(データノート)ゴールドフィールド鉱カンフィールド鉱硫銀ゲルマン鉱アロクレース鉱トポタキシーマーカサイト硫化鉄鉱物火山昇華物ペクチョルバインオボグリグ鉱パオトウ自然水銀硫化鉱物硫化鉄鉱硫化鉄崔仁勲黄鉄鉱白鉄鉱

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android