コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白降汞 ハッコウコウ

2件 の用語解説(白降汞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっこう‐こう〔ハクカウ‐〕【白降×汞】

昇汞(しょうこう)水溶液アンモニア水を加え、その沈殿物を濾過、乾燥して得られる白色粉末。軟膏として疥癬(かいせん)などに用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はくごうこう【白降汞 white precipitate】

塩化水銀(II)水溶液アンモニア水を加えて生ずる白色沈殿。アンモニアおよびアンモニウムイオン濃度によって生成物が異なる。(1)融解性白降汞 化学式HgCl2(NH3)2塩化アンモニウムを多量に含む塩化水銀溶液にアンモニアを加えると生ずる。また気相中で塩化水銀(II)とアンモニアとを反応させても得られる。白色微細結晶。融点300℃,比重3.77。融点が存在するので融解性fusibleと名づけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白降汞の関連キーワードアンモニア水アンモニウム塩塩化銀水酸化アンモニウム水酸化鉄水酸化銅ネスラー試薬熱解離昇汞塩化第二水銀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone