百津清左衛門(読み)ももつ せいざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百津清左衛門 ももつ-せいざえもん

1692-1753 江戸時代中期の治水家。
元禄(げんろく)5年3月5日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)美嚢(みなぎ)郡野瀬村の人。同村の水源,大杣(おおそま)池の堤防がしばしば決壊するため,寛保(かんぽう)3年(1743)総代頭となり大改修に着手。毎日早朝に太鼓を打って村民督励,翌年完成させた。宝暦3年4月15日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android