コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇嘉門院別当 こうかもんいんの べっとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇嘉門院別当 こうかもんいんの-べっとう

?-? 平安時代後期の歌人。
崇徳(すとく)天皇の中宮(ちゅうぐう)である皇嘉門院に別当としてつかえた女官。和歌にはげみ,異母弟の九条兼実(かねざね)が主催した安元元年(1175)の歌合わせなどに出席した。「千載和歌集」などの勅撰集に9首のせられている。
【格言など】難波江(なにはえ)の葦(あし)のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき(「小倉百人一首」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

皇嘉門院別当

生年:生没年不詳
平安時代後期の女房歌人。大宮権亮源俊隆の娘。崇徳天皇の中宮聖子(皇嘉門院)に仕えた。皇嘉門院の異母弟である九条兼実の主催した,安元1(1175)年『右大臣家歌合』,治承2(1178)年『右大臣家百首』などの歌合,歌会に出詠。皇嘉門院が他界した折には生存していたが,すでに尼になっていた。「旅宿逢恋」という題で詠み,のちに百人一首に選ばれた歌,「難波江の蘆のかりねの一夜ゆゑ身をつくしてや恋ひわたるべき」が代表作。『千載和歌集』以下の勅撰集に9首が入集している。

(加藤睦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうかもんいんのべっとう【皇嘉門院別当】

平安末期の女流歌人。生没年不詳。源俊隆の娘。皇嘉門院藤原聖子(崇徳院皇后)の女房。九条兼実は異母弟に当たり,その縁からか,1175年(安元1)の〈右大臣兼実家歌合〉をはじめ兼実関係の歌合に参加。《千載集》以下の勅撰集に9首入集。《百人一首》に〈難波江の芦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき〉がとられている。【奥田 勲】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうかもんいんのべっとう【皇嘉門院別当】

平安末期の歌人。源俊隆の女むすめ。崇徳天皇の后聖子(皇嘉門院)の女房。1181年に皇嘉門院が他界したときには生存しており、尼となっていた。右大臣兼実家の歌合などに出詠。「千載和歌集」以下の勅撰集に九首入集。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android