コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇嘉門院別当 こうかもんいんの べっとう

4件 の用語解説(皇嘉門院別当の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皇嘉門院別当 こうかもんいんの-べっとう

?-? 平安時代後期の歌人。
崇徳(すとく)天皇の中宮(ちゅうぐう)である皇嘉門院に別当としてつかえた女官。和歌にはげみ,異母弟の九条兼実(かねざね)が主催した安元元年(1175)の歌合わせなどに出席した。「千載和歌集」などの勅撰集に9首のせられている。
【格言など】難波江(なにはえ)の葦(あし)のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

皇嘉門院別当

生年:生没年不詳
平安時代後期の女房歌人。大宮権亮源俊隆の娘。崇徳天皇の中宮聖子(皇嘉門院)に仕えた。皇嘉門院の異母弟である九条兼実の主催した,安元1(1175)年『右大臣家歌合』,治承2(1178)年『右大臣家百首』などの歌合,歌会に出詠。皇嘉門院が他界した折には生存していたが,すでに尼になっていた。「旅宿逢恋」という題で詠み,のちに百人一首に選ばれた歌,「難波江の蘆のかりねの一夜ゆゑ身をつくしてや恋ひわたるべき」が代表作。『千載和歌集』以下の勅撰集に9首が入集している。

(加藤睦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうかもんいんのべっとう【皇嘉門院別当】

平安末期の女流歌人。生没年不詳。源俊隆の娘。皇嘉門院藤原聖子(崇徳院皇后)の女房。九条兼実は異母弟に当たり,その縁からか,1175年(安元1)の〈右大臣兼実家歌合〉をはじめ兼実関係の歌合に参加。《千載集》以下の勅撰集に9首入集。《百人一首》に〈難波江の芦のかりねのひとよゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき〉がとられている。【奥田 勲】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうかもんいんのべっとう【皇嘉門院別当】

平安末期の歌人。源俊隆の女むすめ。崇徳天皇の后聖子(皇嘉門院)の女房。1181年に皇嘉門院が他界したときには生存しており、尼となっていた。右大臣兼実家の歌合などに出詠。「千載和歌集」以下の勅撰集に九首入集。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇嘉門院別当の関連キーワード六条殿絵式部加賀左衛門待賢門院新少将高松院右衛門佐藤原栄子(1)藤原時房(1)藤原信隆妻坊門殿美濃局(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone