コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚線維腫 ひふせんいしゅ Dermatofibroma

1件 の用語解説(皮膚線維腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひふせんいしゅ【皮膚線維腫 Dermatofibroma】

[どんな病気か]
 直径1cmほどの黒褐色の皮膚のしこりです。皮膚表面から隆起していることもあります。四肢(しし)によくでき、ときには多数できます。皮膚内の線維成分が局所で増殖するためで、しこりとして感じられます。
[検査と診断]
 局所麻酔をして、腫瘍を切除し、その組織を病理検査して確定します。
[治療]
 局所麻酔をして、腫瘍を切除します。悪性化することはないため、たくさんできてもすぐには治療せず、経過をみることがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

皮膚線維腫の関連キーワードベラドンナ何れ程どんどん節何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から半らパードン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone