コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚線維腫 ひふせんいしゅDermatofibroma

家庭医学館の解説

ひふせんいしゅ【皮膚線維腫 Dermatofibroma】

[どんな病気か]
 直径1cmほどの黒褐色皮膚しこりです。皮膚表面から隆起していることもあります。四肢(しし)によくでき、ときには多数できます。皮膚内の線維成分が局所で増殖するためで、しこりとして感じられます。
[検査と診断]
 局所麻酔をして、腫瘍を切除し、その組織を病理検査して確定します。
[治療]
 局所麻酔をして、腫瘍を切除します。悪性化することはないため、たくさんできてもすぐには治療せず、経過をみることがあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

皮膚線維腫の関連キーワードサットン白斑皮膚良性腫瘍黒色腫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android