盆狂言(読み)ぼんきょうげん

精選版 日本国語大辞典「盆狂言」の解説

ぼん‐きょうげん ‥キャウゲン【盆狂言】

〘名〙 江戸時代、盂蘭盆の七月一五日から上演する歌舞伎演目。残暑の頃で大立者は出演せず、怪談物や仇討物が多い。《季・秋》
※洒落本・南極駅路雀(1789)「桐座でやア盆狂言にすがはらを取組そふだよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「盆狂言」の解説

ぼん‐きょうげん〔‐キヤウゲン〕【盆狂言】

江戸時代の歌舞伎で、陰暦7、8月ごろに行われる興行。また、その狂言。多くは7月15日初日で、大立者は出演せず、怪談物やあだ討ち物が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トビウオ

ダツ目トビウオ科の海水魚。別名アキツトビウオ,ホントビ。体長 35cm。体は長く,背面は平たい。側線は腹面近くを走る。鱗は円鱗ではがれやすい。尾鰭の下葉は上葉に比べて大きい。胸鰭は特に長く,よく発達し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android