コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗まふ ヌスマウ

デジタル大辞泉の解説

ぬすま・う〔ぬすまふ〕【盗まふ】

[動ハ四]《連語「盗まう」から》すきをぬすむ。
「人にも見せず、―・はれて食ふほどに」〈古本説話集・下〉

ぬすま◦う〔ぬすまふ〕【盗まふ】

[連語]《動詞「ぬす(盗)む」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》
人目を盗んで、し続ける。
「山川に筌(うへ)を伏せて守りもあへず年の八歳(やとせ)を我が―◦ひし」〈・二八三二〉
人をだまし続ける。
「心さへ奉(まつ)れる君に何をかも言はずて言ひしと我が―◦はむ」〈・二五七三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬすまう【盗まふ】

( 動四 )
〔連語「盗まう」の動詞化〕
すきを盗んでする。 「夜ふけぬればからうじて-・はれて/宇津保 俊蔭

ぬすまう【盗まふ】

( 連語 )
〔「ぬすむ」に継続の助動詞「ふ」の接続したもの〕
人目を盗んでやり続ける。すきを見て行う。 「山川に筌うえを伏せて守りもあへず年の八年を我が-・ひし/万葉集 2832
だまし続ける。うそを言う。 「何をかも言はずて言ひしと我が-・はむ/万葉集 2573

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

盗まふの関連キーワード万葉集連語