コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗む/偸む ヌスム

デジタル大辞泉の解説

ぬす・む【盗む/×偸む】

[動マ五(四)]
ひそかに他人のものを取って自分のものにする。「金品を―・む」
他人の技・芸や考えなどをひそかに、また無断でまねる。「他人の論文を―・む」
人に気づかれないように、何かをする。「人目を―・んで会う」
わずかの時間をやりくりして、何かをする。「暇を―・んで読書する」
野球で、盗塁をする。「二塁を―・む」
[可能]ぬすめる
[下接句]生(せい)を偸(ぬす)む人目を盗む暇を盗む骨を盗む耳を掩(おお)いて鐘を盗む目を盗む禄(ろく)を盗む

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

盗む/偸むの関連キーワード耳を掩いて鈴を盗む色仕掛け・色仕掛フィッシング詐欺貧の盗みに恋の歌枕探し・枕捜しスカビンジングこそこそ泥棒見下げ果てる転びを打つ昏睡強盗罪骨を惜しむ板の間稼ぎ目を掠める車上荒らし半鐘泥棒昏酔強盗道中稼ぎ湯屋泥棒スチール車上荒し

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android