盗人の昼寝(読み)ぬすびとのひるね

ことわざを知る辞典「盗人の昼寝」の解説

盗人の昼寝

なにげない行動の裏に計算された思惑があることのたとえ。

[使用例] これは熊楠も旅行中しばしば経験あることで、いりもせぬ物を多く持ち来てくれるはいたって親切なようだが、その実盗人昼寝で宛て込みがあるので、誠に返礼の心配が尋常でない[南方熊楠*十二支考|1914~23]

[解説] 泥棒は夜盗みに入るために昼寝をしておく。特に下心がなさそうな行動でもそれ相応の理由があるから用心せよということになり、立場を替えると、何か事をなすには前もってしかるべく準備しなければならないということにもなります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「盗人の昼寝」の解説

盗人(ぬすびと)の昼寝

盗人が夜の稼ぎに備えて昼寝をすること。何をするにも思わくがあることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android