盛壮(読み)せいそう

精選版 日本国語大辞典「盛壮」の解説

せい‐そう ‥サウ【盛壮】

〘名〙 (形動) 血気んで勇壮なこと。年が若くて元気なこと。また、そのさま。わかざかり。
※厭世詩家と女性(1892)〈北村透谷〉「所謂詩家なる者の想像的脳膸の盛壮(セイソウ)なる時に」 〔史記‐荊軻伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「盛壮」の解説

せい‐そう〔‐サウ〕【盛壮】

[名・形動]年若くて元気の盛んなこと。また、そのさま。
「所謂詩家なる者の想像的脳膸の―なる時に」〈透谷・厭世詩家と女性〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「盛壮」の解説

【盛壮】せいそう(さう)

若くて元気。〔戦国策、燕三〕田光曰く、臣聞く、騏驥(きき)は壯の時、一日にして千里を馳(は)するも、其のふるに至りては、駑馬(どば)も之れに先だつと。

字通「盛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android