コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛禅洞奭 せいぜん どうしゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

盛禅洞奭 せいぜん-どうしゃく

1434-1518 室町-戦国時代の僧。
永享6年2月生まれ。霊岳洞源につき出家。五山で臨済(りんざい)禅をおさめたが,のち曹洞(そうとう)宗に転じ尾張(おわり)(愛知県)宝積寺の月泉性印の法をつぐ。文明10年(1478)尾張福厳寺を創建して月泉を開山(かいさん)とし,みずからは2世となった。永正(えいしょう)15年2月8日死去。85歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

盛禅洞奭の関連キーワード永享条約ビータウタスウワディスワフ2世ヤギェウォブルネレスキブルネレスキヤギェウォ朝景徐周麟オルチ・レイスゴルコンダ王国ラファエッロ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android