コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目八分 メハチブ

デジタル大辞泉の解説

め‐はちぶ【目八分】

めはちぶん」に同じ。

め‐はちぶん【目八分】

物を丁重に差しだすとき、両手で目の高さより少し低くしてささげ持つこと。
容器の10分の8ほどに物を入れること。また、その分量八分目

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めはちぶ【目八分】

めはちぶん(目八分) 」に同じ。 「 -にさし上げる」 「針葉樹が梢の頭を、狭い空に突いてゐるのが、-に見えて来た/日本北アルプス縦断記 烏水

めはちぶん【目八分】

目の高さよりやや下がったところ。また、神前や貴人に物を差し上げるとき、その高さにささげ持つこと。
全体の十分の八ほど。八分目。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目八分の関連キーワード見る・観る・診る・看る両手貴人碑碣見る