コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目標管理制度 / MBO

人材マネジメント用語集の解説

目標管理制度 / MBO

・management by objective:MBO
・P.F.ドラッカーが「現代の経営」(“The Practice of Management” 1954)の中で提唱したことが始まりとされている。
・従業員が具体的な自己目標を設定し、その目標達成に取り組ませ、その達成度を評価する仕組み。
・個人の目標設定により、その実現への動機付けを図ると共に、目標設定において上位レベルの目標を満たすものとすることで、組織としての目標の連鎖を実現する。
・現在のにほんにおいては、成果主義=目標管理制度の導入と考えられているような面もあり、成果主義の高まりの中で、この仕組みを評価制度として取り入れる企業が増加している。
・しかしながら制度運用におけるマネジメント力を必要とする、特にミドルマネジメントのマネジメント力が必要になるため、同時に適切に運用するためのミドルマネジメント育成を実現する等課題もある。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

目標管理制度 / MBOの関連キーワードニューマン経営管理IPMIEMS(energy management system)LMSオドンネルクーンツダイナミック・プライシングPMBOKOLE

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android