コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直と/頓と ヒタト

デジタル大辞泉の解説

ひた‐と【直と/頓と】

[副]
じかに。ぴったりと。「―背後につく」
とつぜん。にわかに。「風が―やむ」
ひたすら。いちずに。「―見つめる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すぐと【直と】

( 副 )
ただちに。すぐに。 「日清の間が切迫して来るや、彼は-新聞売になり/非凡なる凡人 独歩

ひたと【直と】

( 副 )
すきまなく接しているさま。 「 -寄りそう」
それまで続いていたものが急に止まるさま。 「物音が-やむ」 「 -足を止める」
そのことに集中しているさま。ひたすら。いちずに。 「 -其ばかりを思窮おもいつめてゐる胸の中には/多情多恨 紅葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

直と/頓との関連キーワードフルン(扈倫)四部日米修好通商条約河野通久(2)武田信長(2)木曾川[町]九戸政実の乱開中費直穢人飯篠長威斎宇都宮豊綱佐川官兵衛剛たつひと五島(市)松谷天光光上杉景勝馬嶋清眼河野通尭南部重直建州女直常盤井宮女真文字

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android