コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直斎書録解題 ちょくさいしょろくかいだい Zhizhai shu-lu jie-ti

2件 の用語解説(直斎書録解題の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直斎書録解題
ちょくさいしょろくかいだい
Zhizhai shu-lu jie-ti

中国,南宋の書目解題。陳振孫の編。 22巻。成立年未詳。編者陳振孫は,字を伯玉,号を直斎といい,浙江省安吉県の人で蔵書家として知られ,淳祐9 (1249) 年侍郎の官に累進した。本書は,編者がその蔵書五万余巻について,『郡斎読書志』の体裁にならって,書名,巻数,著者,内容を紹介し,評語を加えたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくさいしょろくかいだい【直斎書録解題 Zhí zhāi shū lù jiě tí】

中国,13世紀なかば陳振孫が著した書籍解題。直斎は陳振孫の号。地方官として赴任した先で書物を筆写,収集し,その数は5万巻以上に達した。それらを経(けい),史,子,集の4部53類に分け,簡潔に解説したもので,晁公武(ちようこうぶ)の《郡斎読書志》とならび,今日失われた多くの宋代までの書物の内容や伝来を知ることができ,高い価値を持つ。清代に《永楽大典》からあつめた22巻本が通行している。【梅原 郁】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直斎書録解題の関連キーワード郡斎読書志博物志四庫支那鞄神典ナカバヤシ INCOMAノートナカバヤシ スイングノート中原〈町〉板倉中陳振孫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone