直翁智侃(読み)じきおう ちかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直翁智侃 じきおう-ちかん

1245-1322 鎌倉時代の僧。
寛元3年生まれ。臨済(りんざい)宗。顕密二教をまなび,のち鎌倉建長寺の蘭渓道隆(らんけい-どうりゅう)に師事。宋(そう)(中国)にわたり,帰国後,東福寺円爾(えんに)の法をつぐ。豊後(ぶんご)万寿寺の開山(かいさん),東福寺の住持になる。元亨(げんこう)2年4月死去。78歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。諡号(しごう)は仏印禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android