コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互誘導 そうごゆうどうmutual induction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互誘導
そうごゆうどう
mutual induction

ある回路Aを流れる電流が変化したとき,他の回路Bに起電力が生じる現象。回路Aの電流が時間 Δt の間に ΔI だけ変化するとき,回路Bの起電力は e=-M(ΔI/Δt) である。比例定数 M相互インダクタンスという。変圧器はこの現象を応用したもので,電源側の一次コイルの巻数N1 ,電圧を V1 とし,負荷側の二次コイルの巻数を N2 ,電圧を V2 とすれば,V2=(N2/N1)V1 の関係が成り立ち,巻数比 N2/N1 を適当に選ぶことにより,所定の電圧を取出すことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうご‐ゆうどう〔サウゴイウダウ〕【相互誘導】

二つの電流回路の間で、一方の回路の電流を変化させると、他方の回路に誘導起電力が生じる現象。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうごゆうどう【相互誘導】

二つの電流回路において、一方の回路の電流変化が他方の回路に電磁誘導を起こす現象。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の相互誘導の言及

【電磁誘導】より

…閉じた回路の近くで永久磁石を動かすか,あるいは電流が流れている他の回路を動かしたり,その電流を切ったりしたときこの現象が観測されるほか,また閉じた回路に流れている電流が変化した場合にも,この回路を貫く磁束が変化するため回路に誘導起電力を生ずる。これを自己誘導といい,これに対して,二つの電流回路を流れる電流の一方が変化することによって,他方の回路に誘導起電力が生ずる場合を相互誘導という。これらの現象でたいせつなことは,電気的量,または磁気的量が時間的に変化していることである。…

※「相互誘導」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相互誘導の関連キーワードヘンリー(単位)誘導コイル電磁誘導ヘンリー二つV2V1

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相互誘導の関連情報