コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相合(い)傘 アイアイガサ

デジタル大辞泉の解説

あいあい‐がさ〔あひあひ‐〕【相合(い)傘】

二人で1本の傘を差すこと。多く、男女の場合についていう。相傘(あいがさ)。最合(もや)い傘。
男女の仲を示すいたずら書きの一種。簡単な線書きの傘の柄の両側に二人の名前を書くもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

相合(い)傘の関連キーワード桂米丸(4世)鈴木春信岸村兵助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android