コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相撲・角力 すもう

1件 の用語解説(相撲・角力の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

すもう【相撲・角力】

土俵上で、二人の者が組み合い、相手を倒すか、あるいは土俵外に出すことによって勝負を決める格技。日本の国技とされる。日本書紀によれば、垂仁天皇の時に野見宿禰のみのすくねと当麻蹴速たいまのけはやが争ったのが始めとされる。奈良・平安時代には相撲すまいの節会せちえとして宮中の行事となり、江戸時代には勧進相撲が盛んとなって、現代の大相撲に引き継がれていった。 [季] 秋。
「相撲取り」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone