コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相撲・角力 すもう

大辞林 第三版の解説

すもう【相撲・角力】

土俵上で、二人の者が組み合い、相手を倒すか、あるいは土俵外に出すことによって勝負を決める格技。日本の国技とされる。日本書紀によれば、垂仁天皇の時に野見宿禰のみのすくねと当麻蹴速たいまのけはやが争ったのが始めとされる。奈良・平安時代には相撲すまいの節会せちえとして宮中の行事となり、江戸時代には勧進相撲が盛んとなって、現代の大相撲に引き継がれていった。 [季] 秋。
「相撲取り」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

相撲・角力の関連キーワード勧進相撲相撲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android