相撲・角力(読み)すもう

大辞林 第三版の解説

すもう【相撲・角力】

土俵上で、二人の者が組み合い、相手を倒すか、あるいは土俵外に出すことによって勝負を決める格技。日本の国技とされる。日本書紀によれば、垂仁天皇の時に野見宿禰のみのすくねと当麻蹴速たいまのけはやが争ったのが始めとされる。奈良・平安時代には相撲すまいの節会せちえとして宮中の行事となり、江戸時代には勧進相撲が盛んとなって、現代の大相撲に引き継がれていった。 [季] 秋。
「相撲取り」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すもう すまふ【相撲・角力】

〘名〙 (歴史的かなづかいは、動詞「すまう(争)」の終止・連体形の名詞化とみて「すまふ」とするのが有力であるが、連用形「すまひ」のウ音便とみて「すまう」とする説もある)
① 二人の力士が土俵の中で素手で相手を土俵の外に出すか、倒すかして勝敗を争う競技。古くは、打つ蹴るなどの技もあり、武術として発達した。また、宮中行事や農耕儀礼の神事としても行なわれた。足利時代になって、興行化・遊戯化され、職業力士集団も生まれた。近世になってから、きまり手、禁じ手や土俵が定められ、職業相撲が発達した。現在、日本相撲協会のほか、各アマチュア相撲があり、日本の国技とされている。すまい。《季・秋》
※延慶本平家(1309‐10)一本「先つ顕はれての御祈には百番の芝田禾百番の一つ物、競馬、矢鏑、相撲(スマフ)
※三国伝記(1407‐46頃か)五「領家重て云く、我最上の相撲(スモウ)持てり、汝と相せん」
③ 「すもう(相撲)の節(節会)」の略。〔至宝抄(1585)〕
[語誌](1)「書記‐垂仁七年七月」に見られる「(すまひ)」の例が、日本における相撲の始まりとされる。これは、中国の「角力」に通じ、力競べを意味する。「新撰字鏡」にも「」に「知加良久良夫(ちからくらぶ)」とある。
(2)中古和文の仮名書き例は「すまひ」のみであるが、中世末には「すまう」の方が、より日常的な語形となっていたと考えられる。→「すまい(争)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android