コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウ音便 ウオンビン

デジタル大辞泉の解説

う‐おんびん【ウ音便】

音便の一。広義には、発音の便宜上、語中語尾の「く」「」「ひ」「び」「み」などが「う」の音になる現象。「かはし」が「かばし」、「いもと」が「いもと」になる類。また狭義には、用言活用語尾に起こる現象で、動詞では、文語のハ・バ・マ行の四段活用に「て」「たり」「で」などが付属したとき、形容詞および形容詞型活用の助動詞では、文語の場合は用言に連なるとき、口語の場合は「ございます」「存じます」に連なるときに、それぞれの連用形の語尾が「う」となることをいう。「思て」が「思て」、「いみじ」が「いみじ(泣く)」、「行きた」が「行きと」、「ありがた」が「ありがと(ございます)」の

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウ音便【ウおんびん】

音便

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うおんびん【ウ音便】

( 名 )
音便の一。発音上の便宜のために、語中・語末の「く」「ぐ」「ひ」「び」「み」などが「ウ」の音になる現象。「よく→よう」「思ひて→思うて」「呼びて→呼うで」「頼みたる→頼うだる」の類。一般には、用言の活用語尾に現れるものをさすが、それ以外の場合もある(「かぐはし→かうばし」「したぐつ→したうづ」の類)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のウ音便の言及

【音便】より

…音便にはつぎの4種類がある。(1)イ音便,(2)ウ音便,(3)はね音便(撥(はつ)音便),(4)つめ音便(促音便)。動詞のうち,音便形をもつのは,四段活用とナ行変格およびラ行変格である(図)。…

※「ウ音便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウ音便の関連キーワード有り難う・有難う良う・善う・能う逞しゅうするじゃというて御機嫌ようおめでとう御目出度うあんじょう言語の島怪しう向こう撥音便促音便有難う味良う御早うきつう悔ふ買う良う

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android