争・相撲・角力(読み)すまい

精選版 日本国語大辞典の解説

すまい すまひ【争・相撲・角力】

〘名〙 (動詞「すまう(争)」の連用形の名詞化)
[一] (争) 相手の力に負けまいとして抵抗すること。手向かうこと。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「あな見苦しの御すまひや。あなたにて乾し給へ。一人はいと侍りにくし」
[二] (相撲・角力)
① 互いに相手の身体をつかんだりして、力や技を争うこと。また、すもうをとること。
※書紀(720)雄略一三年九月(前田本訓)「乃ち采女を喚し集(つと)へて、衣裙(きぬも)を脱(ぬ)きて、犢鼻を着(き)せて、露(あらは)なる所に相撲(スマヒ)とらしむ」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「すまひいでて、五手六手ばかりとりて、最手(ほて)いできて、ぬのひきなどするに」
③ 「すまい(相撲)の節(せち)」の略。
※蜻蛉(974頃)中「おほやけにすまひのころなり」
[語誌](1)今日の「すもう(相撲・角力)」につながる格闘技は、上代から行なわれ、「日本書紀」に「相撲」「力」が見られ、「すまひ」と訓まれている。いずれも天覧の場合に用いられており、儀式としての意味や形式を合わせ持つものであったと考えられる。儀礼としての相撲は、中古に入ると制度が整えられ、相撲の節会として確立する。「すまひ」は動詞「すまふ」の名詞形と考えられるが、上代に動詞の例は見られない。また、名詞形が一般に格闘技全般を表わしたか、すもう競技に限られたかは明らかでない。
(2)中古では、「すまふ」は主として負けまいと張り合う意に用いられ、「すまひ」が競技またはその行事を示している。競技の「すまひ」は中世にスマウに転じ、今日のようにスモウとして固定した。→「すもう(相撲)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android