コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相沢朮 あいざわ おけら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相沢朮 あいざわ-おけら

1825-1904 幕末-明治時代の医師,歌人。
文政8年生まれ。相沢扇子(せんこ)の夫。医学を成田宗信に,歌学を井上文雄,加藤千浪らにまなぶ。嘉永(かえい)6年三河(愛知県)西尾藩侍医となる。明治37年5月28日死去。80歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本姓は石川。号は雪廼舎(ゆきのや),雪渓。著作に「脚気(かっけ)治験録」,歌集に「雪廼舎集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相沢朮の関連キーワード日露戦争史(年表)産業革命史(年表)日露戦争ロシア革命クリューガー緒方洪庵アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android