コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相田みつを あいだ みつを

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相田みつを あいだ-みつを

1924-1991 昭和後期-平成時代の書家,詩人。
大正13年5月20日生まれ。生地の栃木県足利市で高福寺の武井哲応に師事し,在家のまま仏教をまなぶ。自作の詩を独自の筆法でかき,各地で展覧会をひらく。昭和59年刊行の「にんげんだもの」はベストセラーとなった。平成3年12月17日死去。67歳。本名は光男。著作に「おかげさん」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相田みつをの関連キーワード栃木県日光市鬼怒川温泉大原東京都千代田区丸の内相田みつを美術館相田 みつを野田佳彦書家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相田みつをの関連情報