コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良武任 さがら たけとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良武任 さがら-たけとう

?-1551 戦国時代の武将。
相良正任(ただとう)の子。肥後(熊本県)相良氏の一族で,周防(すおう)(山口県)大内義隆家臣。義隆に重用されたが,おなじく家臣の陶晴賢(すえ-はるかた)と対立。天文(てんぶん)20年挙兵した晴賢の軍に追われ,筑前(ちくぜん)(福岡県)花尾城で殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相良武任の関連キーワードゲスナーゲスナー若山城と陶晴賢大友宗麟アンリ大内義隆織田信秀大巌寺大寧寺ビスカイノ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android