コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良義滋 さがら よししげ

2件 の用語解説(相良義滋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良義滋 さがら-よししげ

1489-1546 戦国時代の武将。
延徳元年生まれ。相良為続(ためつぐ)の孫。相良長定の養子となり,享禄(きょうろく)3年家督をつぎ,肥後(熊本県)の球磨(くま),八代,芦北の3郡を支配。天文(てんぶん)3年八代古麓(ふるふもと)に鷹ケ峰城をきずく。義滋法度を制定し,琉球とも交易した。天文15年8月25日死去。58歳。初名は長為,のち長唯。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

相良義滋

没年:天文15.8.25(1546.9.19)
生年:延徳1(1489)
戦国時代の武将,相良家当主。長毎の子で長定の嗣子。初め長為,のち長唯,天文14(1545)年義滋と改名。肥後国(熊本県)球磨・八代・芦北3郡を支配。大永6(1526)年弟の観音寺瑞堅が,兄長祇から家督を奪った長定を追放するが支持を得られず,享禄3(1530)年長唯が家督を継承,内紛に終止符を打った。天文3(1534)年八代古麓に鷹ケ峰城を築いて居城とし,菊池・名和・阿蘇氏などと親交を深め大友氏に備えた。同14年2月には義滋法度を制定。八代徳淵の港を拠点に天草へ進出し,琉球とも交易を行った。天文8年市木丸を建造,同14年,幕府勘合船の警固を命じられるなど,不知火海(八代海)の制海権も掌握。内外に勢威を振るい相良氏の一時代を築く。<参考文献>『相良家文書』『八代日記』

(柳田快明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相良義滋の関連キーワード吉良持広相良武任相良長在相良長興相良晴広相良頼寛相良頼房斯波義銀丸目蔵人宗像氏続

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone