コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良頼福 さがら よりとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良頼福 さがら-よりとみ

1649-1720 江戸時代前期-中期の大名。
慶安2年3月14日生まれ。相良長秀の子。従兄の相良頼喬(よりたか)の養嗣子となり,元禄(げんろく)16年肥後(熊本県)人吉藩主相良家4代。宝永元年幕府より利根(とね)川筋の改修を命じられ,多額の借金をして完成させた。享保(きょうほう)5年3月5日死去。72歳。初名は長房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相良頼福の関連キーワードサルデーニャ王国チャールズチャールズサベジチャールズ1世木下長嘯子ウィンスロップクロムウェル(Oliver Cromwell)サルマシウスビジャヤナガル王国

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone