コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相銀の普銀転換 そうぎんのふぎんてんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相銀の普銀転換
そうぎんのふぎんてんかん

1987年の金融制度調査会の答申により,88年の 52行を皮切り相互銀行の多くが普通銀行に転換した。相互銀行制度は 51年に,国民に広く貯蓄手段を提供するとともに,中小企業金融の円滑化をはかるため,相互銀行法に基づき無人会社を母体として設立された。高度成長期には中小企業に資金供給する役割をになったが,その後中小企業の体力が強まり顧客ニーズが変化したため,その特殊性が薄れ,普通銀行と同質化の傾向が強まった。こうしたなかで,相互銀行協会は 84年に相銀制度の抜本見直しを要望している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

相銀の普銀転換の関連キーワード国営企業等労働組合協議会アルモドバル国鉄労働組合島田修二井上光晴ウォーホルゴダール(Jean-Luc Godard)鈴木了二高松伸竹下登内閣

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android