コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬師常 そうま もろつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬師常 そうま-もろつね

1139-1205 平安後期-鎌倉時代の武将。
保延(ほうえん)5年生まれ。千葉常胤(つねたね)の次男。相馬氏の祖。源頼朝の挙兵に父常胤とともにくわわり,下総(しもうさ)相馬郡(千葉県,茨城県)の所領を回復,相馬二郎と称した。文治(ぶんじ)5年奥州藤原氏攻めで功をたて,陸奥(むつ)行方(なめかた)郡(福島県)をあたえられた。元久2年11月15日死去。67歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

相馬師常

没年:元久2.11.15(1205.12.26)
生年:保延5(1139)
鎌倉前期の東国武士。千葉常胤の次男。母は秩父重弘の娘。平家打倒に挙兵した源頼朝に父と共に従い,下総国相馬御厨を本領に得て相馬二郎と称した。その後,陸奥国行方郡などにも地頭職を与えられている。念仏行者として端座・合掌の姿勢で臨終を迎えたという。<参考文献>岡田清一『中世相馬氏の基礎的研究』

(野口実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の相馬師常の言及

【相馬氏】より

…中・近世,下総・陸奥の武家。桓武平氏の流れをくみ,平将門の後裔と伝えられるが,直接の祖は千葉氏の祖常胤(つねたね)の次男師常(もろつね)。千葉六党の一つ。師常は下総国相馬郡を領して相馬氏を称したが,1189年(文治5)の奥州平泉討伐の功によって陸奥国行方(なめかた)郡を与えられたという。その後,胤村の五男師胤が行方郡の所領を譲られ,その子重胤が1323年(元亨3)に一族とともに行方郡に下向して奥州相馬氏をおこした。…

※「相馬師常」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相馬師常の関連キーワード相馬義胤(1)南相馬(市)矢木胤家鎌倉時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android