コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本夏彦 やまもと なつひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本夏彦 やまもと-なつひこ

1915-2002 昭和後期-平成時代の編集者,コラムニスト。
大正4年6月15日生まれ。山本露葉(ろよう)の3男。フランスのユニベルシテ-ウブリエールでまなぶ。昭和25年工作社を設立し,社長。30年インテリア誌「木工界」(現「室内」)を創刊。新聞,雑誌での辛口のコラムでも知られ,59年菊池寛賞。「無想庵物語」で平成元年読売文学賞。平成14年10月23日死去。87歳。東京出身。東京府立第五中学卒。著作はほかに「日常茶飯事」「戦前という時代」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山本夏彦の関連キーワードコラムニスト編集者

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android