コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真光 しんこう

2件 の用語解説(真光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真光 しんこう

1280-1333 鎌倉時代の僧。
弘安(こうあん)3年生まれ。時宗当麻(たいま)派の祖。智得の跡をついで相模(さがみ)(神奈川県)当麻の無量光寺の住持となる。遊行上人位を相続したと主張し,智得の法弟呑海(どんかい)と対立。呑海は相模藤沢に遊行派の清浄光(しょうじょうこう)寺をひらき,時宗は分裂した。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月8日死去。54歳。号は内阿弥陀仏,他阿弥陀仏

真光 さねみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)長船(おさふね)派。長光の子または弟子という。弘安(こうあん)-正和(しょうわ)(1278-1317)ごろの人。銘は「真光」または「備前国長船住人真光」。左近将監(しょうげん)を称した。太刀1口(ふり)が国宝。姓は平。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真光の関連キーワード建武新政WXGAXGA高解像度ワイド液晶ダットサンブルーバードP510型赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真光の関連情報