真光(読み)しんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真光 しんこう

1280-1333 鎌倉時代の僧。
弘安(こうあん)3年生まれ。時宗当麻(たいま)派の祖。智得の跡をついで相模(さがみ)(神奈川県)当麻の無量光寺の住持となる。遊行上人位を相続したと主張し,智得の法弟呑海(どんかい)と対立。呑海は相模藤沢に遊行派の清浄光(しょうじょうこう)寺をひらき,時宗は分裂した。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月8日死去。54歳。号は内阿弥陀仏,他阿弥陀仏。

真光 さねみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)長船(おさふね)派。長光の子または弟子という。弘安(こうあん)-正和(しょうわ)(1278-1317)ごろの人。銘は「真光」または「備前国長船住人真光」。左近将監(しょうげん)を称した。太刀1口(ふり)が国宝。姓は平。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真光の関連情報