コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真光 しんこう

2件 の用語解説(真光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真光 しんこう

1280-1333 鎌倉時代の僧。
弘安(こうあん)3年生まれ。時宗当麻(たいま)派の祖。智得の跡をついで相模(さがみ)(神奈川県)当麻の無量光寺の住持となる。遊行上人位を相続したと主張し,智得の法弟呑海(どんかい)と対立。呑海は相模藤沢に遊行派の清浄光(しょうじょうこう)寺をひらき,時宗は分裂した。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月8日死去。54歳。号は内阿弥陀仏,他阿弥陀仏

真光 さねみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)長船(おさふね)派。長光の子または弟子という。弘安(こうあん)-正和(しょうわ)(1278-1317)ごろの人。銘は「真光」または「備前国長船住人真光」。左近将監(しょうげん)を称した。太刀1口(ふり)が国宝。姓は平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真光の関連キーワード鎌倉時代安達顕盛雲山智越賢助悟阿持明院長相信昭(1)道耀藤原康能頼誉(1)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真光の関連情報