真名井の滝

デジタル大辞泉プラス「真名井の滝」の解説

真名井の滝

宮崎県西臼杵郡高千穂町の高千穂峡にある五ケ瀬川の峡谷左岸にかかる。落差17メートル。滝水柱状節理から川に落ち、神秘的な雰囲気を醸す。天村雲命(あめのむらくものみこと)が天孫降臨の際に水種を移して創った「天真名井(あめのまない)」の湧水が滝となって流れ落ちていると伝えられる。1990年、日本の滝100選に選定

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の真名井の滝の言及

【高千穂峡】より

…谷壁の上部には段丘状の平たん地があり,集落や耕地が開ける。峡谷中央部には,水面から約10mの高さに岩石段丘があり,多量の地下水がわき出て谷底に落下し,真名井(まない)の滝をつくる。段丘上には多数の甌穴(おうけつ)が見られ,七ッ池と呼ばれる。…

※「真名井の滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android