コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真名井の滝 マナイノタキ

デジタル大辞泉の解説

まない‐の‐たき〔まなゐ‐〕【真名井の滝】

宮崎県の高千穂峡にある滝。落差約17メートル。観光名所になっており、ボートで近くまで行くことができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の真名井の滝の言及

【高千穂峡】より

…谷壁の上部には段丘状の平たん地があり,集落や耕地が開ける。峡谷中央部には,水面から約10mの高さに岩石段丘があり,多量の地下水がわき出て谷底に落下し,真名井(まない)の滝をつくる。段丘上には多数の甌穴(おうけつ)が見られ,七ッ池と呼ばれる。…

※「真名井の滝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真名井の滝の関連キーワード宮崎県

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android