コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高千穂峡 たかちほきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高千穂峡
たかちほきょう

宮崎県北西部,高千穂町五ヶ瀬川にある峡谷。浸食の進んだ五ヶ瀬川の谷に阿蘇山溶結凝灰岩が堆積し,この溶岩を川が再び浸食したのが成因。特に三田井 (みたい) 付近が代表的で,100m近い絶壁の中腹に段丘が発達し,多量の湧水がそこから真名井 (まない) の滝になって落下する。そそり立つ柱状節理の断崖,岩をかむ激流,静かな青い深淵など,2kmにわたる渓谷美は神秘的。赤色の岩壁に春は若葉,秋は紅葉が映えて,観光客が多い。名勝天然記念物に指定。祖母傾国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高千穂峡【たかちほきょう】

宮崎県北部,五ヶ瀬川上流の峡谷。高千穂町三田井付近数kmに及び,阿蘇溶岩を浸食した柱状節理の断崖,滝,淵,瀬が連なる。祖母傾国定公園に属する。
→関連項目高千穂[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかちほきょう【高千穂峡】

宮崎県北西部の高千穂町三田井にある五ヶ瀬川の峡谷。全長約2km。洪積世後期に阿蘇山から噴出した高熱の火山灰が浸食の進んだ五ヶ瀬川の谷に堆積し,それが固まった溶結凝灰岩を再び川が浸食して形成された。堆積後の冷却の過程でできた柱状節理が発達し,両岸に高さ50~100mの絶壁をつくる。谷壁の上部には段丘状の平たん地があり,集落や耕地が開ける。峡谷中央部には,水面から約10mの高さに岩石段丘があり,多量の地下水がわき出て谷底に落下し,真名井(まない)の滝をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕高千穂峡(たかちほきょう)


宮崎県北部、五ヶ瀬(ごかせ)川上流部の峡谷。長さ約2km。阿蘇(あそ)山の溶結凝灰岩の台地が浸食されてできた。国指定の名勝・天然記念物。両岸は高さ100mにも及ぶ柱状節理(ちゅうじょうせつり)が発達。湧水(ゆうすい)層から落下する真名井(まないの)滝や甌穴(おうけつ)などがみられる。峡谷沿いに自然遊歩道が通じ、新緑・紅葉美が名高い。ニジマスの釣り堀や貸しボート施設も完備。祖母傾(そぼかたむき)国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高千穂峡
たかちほきょう

宮崎県北部、五ヶ瀬(ごかせ)川の上流部、西臼杵(にしうすき)郡高千穂町を流れる峡谷。高千穂町は、北西部に位置する阿蘇(あそ)山の溶結凝灰岩が厚く堆積(たいせき)して山間の台地を形成しているが、五ヶ瀬川はこの台地を深く侵食して、約100メートルの深さの峡谷をなす。侵食した凝灰岩の絶壁下部は赤色の柱状節理がみられる。絶壁途中に湧水(ゆうすい)層があり、これが真名井滝(まないのたき)となって峡谷にかかる。この湧水はニジマス養殖にも利用される。河床は溶結凝灰岩からなり、随所に甌穴(おうけつ)がみられる。とくに新緑、紅葉時の景観に優れる。峡谷の主要部は自然遊歩道がつけられており、キャンプ場、貸ボートなど施設も充実している。祖母傾(そぼかたむき)国定公園に属し、国の名勝・天然記念物指定。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高千穂峡の関連キーワード宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井宮崎県西臼杵郡高千穂町向山宮崎県西臼杵郡高千穂町高千穂(町)真名井の滝ニジマス甌穴

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高千穂峡の関連情報