真如実相(読み)シンニョジッソウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しんにょ‐じっそう ‥ジッサウ【真如実相】

〘名〙 (「真如」と「実相」は、同体のものに異なる立場から名づけたもの) 仏語。万有の本体で、永久不変、平等無差別なもの。涅槃(ねはん)・法身・仏性。
※往生要集(984‐985)大文四「色即是空故、謂之真如実相、空即是色故、謂之相好光明
ささめごと(1463‐64頃)下「経信卿云はく、『和歌は隠遁の源、菩提をすすむる直路也。真如実相の理、三十一字におさまれり』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android