真書太閤記(読み)しんしょたいこうき

精選版 日本国語大辞典「真書太閤記」の解説

しんしょたいこうき ‥タイカフキ【真書太閤記】

実録風読物。一二編三六〇巻。栗原柳庵編。嘉永五年(一八五二)~慶応年間(一八六五‐六八)の。一八世紀中葉頃から行なわれていた大坂講談太閤真顕記」をまとめたもの。俗伝的な太閤(豊臣秀吉)一代記の集大成ともいうべきもので、史料的価値は低いが、後の演劇や小説などに題材を提供している。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「真書太閤記」の解説

しんしょたいこうき〔シンシヨタイカフキ〕【真書太閤記】

江戸後期の実録風読物。12編360巻。栗原柳庵編。講談のとなっていた太閤真顕記しんけんきその他をまとめた、豊臣秀吉の通俗的な一代記。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「真書太閤記」の解説

真書太閤記
しんしょ たいこうき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
河竹新七(2代) ほか
初演
明治3.1(東京・守田座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android