コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真書太閤記 シンショタイコウキ

デジタル大辞泉の解説

しんしょたいこうき〔シンシヨタイカフキ〕【真書太閤記】

江戸後期の実録風読物。12編360巻。栗原柳庵編。講談の材となっていた太閤真顕記(しんけんき)その他をまとめた、豊臣秀吉の通俗的な一代記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょたいこうき【真書太閤記】

実録風読物。一二編三六〇巻。栗原柳庵編。安永年間(1772~1781)の成立。実録体小説「太閤真顕記」により、太閤豊臣秀吉の通俗的な伝記をまとめたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

真書太閤記の関連キーワード木下蔭狭間合戦実録体小説絵本太功記太閤伝説太閤記物帝国文庫実録物太閤記伝記

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android