コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真村斐瞻 まむらひせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真村斐瞻
まむらひせん

[生]?
[没]寛政7(1795).4.24. 長崎
江戸時代後期の長崎派の画家。通称は長蔵,号は蘆江,耕靄山人。熊斐 (ゆうひ) の門人。安永年間頃に来朝した清人の方西園 (方済) にも師事。沈南蘋 (しんなんぴん) 風の写生的作風を示し,当時の長崎派画人のなかで最も技巧優秀な画技をそなえていた。主要作品『花卉水禽図』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

真村斐瞻の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ総裁政府オレンジ結社

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android