コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真村斐瞻 まむらひせん

1件 の用語解説(真村斐瞻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真村斐瞻
まむらひせん

[生]?
[没]寛政7(1795).4.24. 長崎
江戸時代後期の長崎派の画家。通称は長蔵,号は蘆江,耕靄山人。熊斐 (ゆうひ) の門人。安永年間頃に来朝した清人の方西園 (方済) にも師事。沈南蘋 (しんなんぴん) 風の写生的作風を示し,当時の長崎派画人のなかで最も技巧優秀な画技をそなえていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真村斐瞻の関連キーワード大雲林説高松季眠吉田元陳櫛笥隆望沢宣維エヌ東遊記勃・歿・没酒井忠嗣

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone