コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真穴子 マアナゴ

デジタル大辞泉の解説

ま‐あなご【真穴子】

アナゴ科の海水魚。砂泥底にすむ。全長約90センチ。体形ウナギに似て、目が大きい。側線は白点列となり、さらにその上方にも白点列がある。北海道南部から南に分布。美味。はかりめ。うみうなぎ。あなご。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まあなご【真穴子】

ウナギ目の海魚。全長約90センチメートル。体は細長い円柱形で、腹びれを欠き、ウナギに似る。体表はぬめりがあり、背面は褐色で、側線の孔あなが白く、その上方にも白色の点列がある。幼魚はヤナギの葉に似て透明。天ぷら・かば焼きなどにする。北海道から東シナ海にかけての砂泥底に分布。ハカリメ。ハモ。ウミウナギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真穴子 (マアナゴ)

学名:Common Japanese conger
動物。アナゴ科の海水魚

真穴子 (マアナゴ)

動物。ミミガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

真穴子の関連キーワードハカリメ東シナ海ヤナギぬめり動物海魚体表

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android