コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真菌性腟炎(読み)しんきんせいちつえん(英語表記)candida colpitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真菌性腟炎
しんきんせいちつえん
candida colpitis

カンジダなどの真菌の感染による腟炎カンジダ腟炎,腟カンジダ症ともいう。妊婦や経産婦に多く,抗生物質の使用者ではさらに発生率が高い。かゆみが現れ,腟壁,外陰部に充血,ただれ,真菌の寄生をみる。顕微鏡検査や培養検査で菌種を確認できる。感染すると,口中に鵞口瘡を呈することも多い。抗真菌剤の腟錠や軟膏がよくきくが,再発しやすい。男性には症状のないことが多いが,パートナーの女性と同時に治療する必要がある。(→カンジダ症

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android