コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗真菌剤 こうしんきんざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗真菌剤
こうしんきんざい

真菌 (かび) によって引起されるヒトの真菌症の代表的なものには白蘚菌症 (水虫) があるが,最近,生体や環境に広く分布している弱毒菌による日和見内臓感染症が増加し,死亡例も少なくない。抗真菌剤として以前はグリセオフルビン,ニスタチントリコマイシン,アンフォテリンなどがおもに皮膚真菌症を中心に用いられてきた。近年,内臓真菌症の増加に伴って,合成抗真菌剤および抗真菌性抗生物質の開発が活発に行われている。合成真菌剤としてはアゾール系が主流であり,抗生物質にはアンフォテリンBに代表されるポリエンマクロライド,シロファンジンのようなリポペプチド,さらに環状デシペプチド,アミノ酸アナログ,ベンゾナフトキノンなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうしんきんざい【抗真菌剤】

水虫、田虫の治療や、薬剤の副作用で抵抗力の弱った場合の内臓における真菌類の感染症の治療に用いられる薬剤。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抗真菌剤
こうしんきんざい

真菌によっておこる感染症に対する治療薬。真菌症には浅在性のものと深在性のものがある。浅在性のものにはカンジダ症白癬(はくせん)などがあり、外用が可能で治療しやすいが、深在性の真菌症はカンジダ、クリプトコックス、アスペルギルスなどが原因菌で、内服または注射でしか適用できないので治療がむずかしい。抗真菌剤として第一にあげられるのはポリエン系抗生物質である。アムホテリシンBは内服、外用、注射ができ、とくに静脈注射ができる唯一の薬剤である。ナイスタチン、トリコマイシンは内服と外用、ペンタマイシン、ピマリシン、アザロマイシンは腟錠(ちつじょう)として用いられる。白癬菌に対して有効な抗生物質としてバイオチン、ピロールニトリン、シッカニン、グリセオフルビンがあり、グリセオフルビンは内服で適用される。このほかフルシトシンが内服で深在性真菌症に有効で、白癬、カンジダ症に対しては外用剤としてトルナフテート、クロトリマゾール、ハロプロジン、シクロピロクス、オラミン、エキサラミド、ミコナゾール、エコナゾール、イソコナゾールなどが用いられる。[幸保文治]
『岩田和夫著『真菌・真菌症・化学療法――抗真菌剤を中心として』(1994・ソフトサイエンス社) ▽久米光著『内臓真菌症対策マニュアル』(1994・かまわぬ書房、星雲社発売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

抗真菌剤の関連キーワードエルゴステロール生合成阻害剤爪白癬(爪みずむし)ピロールニトリン造血幹細胞移植腟カンジダ症ローション剤角膜実質炎真菌性腟炎真菌類抵抗力副作用髄膜炎口角炎鵞口瘡爪囲炎水銀剤黄癬カビ薬剤田虫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗真菌剤の関連情報