コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵞口瘡 がこうそう thrush

翻訳|thrush

4件 の用語解説(鵞口瘡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鵞口瘡
がこうそう
thrush

口腔カンジダともいう。カンジダ・アルビカンス Candida albicansという真菌の一種が感染して口の中に異常増殖して起る粘膜の病気。初め口の中の頬部や口蓋粘膜に数個の乳白色でやや隆起性の斑点が現れ,互いに融合する傾向を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鵞口瘡【がこうそう】

カンジダというカビの一種の増殖による疾患。主として乳児の口腔粘膜・歯ぐきに乳かす様の白いものができる。カンジダは口腔内常在菌で,放置しても2〜4週間で治癒(ちゆ)し心配ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

がこうそう【鵞口瘡 thrush】

口腔カンジダ症の初期で病変が口腔の内表面に起こるものをいい,急性偽膜性口腔カンジダ症とも呼ばれる。最初,白色ないし灰白色の点状の苔状物が生じるが,これははがれやすく,その下には発赤した粘膜面がみられる。その後,苔状物は比較的急速に広がり,厚さを増して偽膜となり,はがれにくくなる。頰粘膜,舌,口唇にできやすいが,口腔粘膜全体から咽頭,喉頭,食道へと進むこともある。病原菌は真菌のカンジダ・アルビカンスCandida albicanceが最も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鵞口瘡
がこうそう

カンジダ・アルビカンスCandida albicansなど真菌(カビ)の一種によっておこされる疾患をいい、口腔(こうくう)粘膜にみられる。口腔カンジダ症の一つ。灰白色あるいはクリーム色の斑(はん)状を呈し、牛乳の濁り粕(かす)のような外観で、容易にふき取れるが、跡に滑らかな赤いびらん面が残る。似た外観を呈する病変が細菌やウイルスでもおこされる。抵抗力の弱い栄養失調の乳幼児、ことに未熟児や重篤患者にできやすい。治療にはアムホテリシンB、ナイスタチン、クロトリマゾールなど抗真菌剤の液剤、軟膏(なんこう)、トローチ、乳液などを局所的に使用するが、内服を併用する場合もある。また、重曹水あるいは10万倍ゲンチアナ紫によるうがいや洗浄もよい。予防には病室、病衣、治療スタッフの手などの消毒法の励行が有効である。[福嶋孝吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鵞口瘡の関連キーワードカンジダ症トリコマイシン口腔口腔衛生指間カンジダ症急性偽膜性口腔カンジダ症口腔カンジダ症爪カンジダ症内臓カンジダ症皮膚カンジダ症

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone