コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真誉(1) しんよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真誉(1) しんよ

1069-1137 平安時代後期の僧。
延久元年生まれ。真言宗高野山の良禅にまなび,仁和(にんな)寺の寛助から灌頂(かんじょう)をうける。高野山に持明(じみょう)院を創建し,持明院流をひらく。長承4年(1135)覚鑁(かくばん)から金剛峰寺大伝法院両座主(ざす)をゆずられたが,翌年東寺衆徒らの反対で辞任し,高野山検校(けんぎょう)となる。保延(ほうえん)3年1月15日死去。69歳。字(あざな)は持明。著作に「柿袋」(「持明院口伝」)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真誉(1)の関連キーワード延久ヨハネス(2世)聖徳太子像記録所カタルーニャ自治州ディーエイチシー平重盛呂祖謙ベルガモのサンタマリアマッジョーレ教会呂祖謙

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone