良禅(読み)りょうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良禅 りょうぜん

1048-1139 平安時代後期の僧。
永承3年生まれ。真言宗。高野山の明算(めいざん)から灌頂(かんじょう)をうける。永久3年高野山検校(けんぎょう)。長承3年金剛峰寺(こんごうぶじ)と大伝法院の争いに際し,金剛峰寺方の責任をとわれて失脚。2年半後に検校に再任され,堂塔の造営と修築につくした。北室聖とよばれた。保延(ほうえん)5年2月21日死去。92歳。紀伊(きい)神崎(和歌山県)出身。俗姓は坂上。字(あざな)は解脱(げだつ)房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android