コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良禅 りょうぜん

1件 の用語解説(良禅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良禅 りょうぜん

1048-1139 平安時代後期の僧。
永承3年生まれ。真言宗高野山の明算(めいざん)から灌頂(かんじょう)をうける。永久3年高野山検校(けんぎょう)。長承3年金剛峰寺(こんごうぶじ)と大伝法院の争いに際し,金剛峰寺方の責任をとわれて失脚。2年半後に検校に再任され,堂塔の造営と修築につくした。北室聖とよばれた。保延(ほうえん)5年2月21日死去。92歳。紀伊(きい)神崎(和歌山県)出身。俗姓は坂上。字(あざな)は解脱(げだつ)房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

良禅の関連キーワード寛雅法空円憲円照(1)戒深覚範行恵行智(1)信慧日覚

良禅の関連情報