金剛峰寺(読み)コンゴウブジ

デジタル大辞泉の解説

こんごうぶ‐じ〔コンガウブ‐〕【金剛峰寺】

和歌山県伊都郡高野町にある高野山真言宗総本山山号は高野山。開創年代は弘仁7年(816)、開基嵯峨天皇開山空海。明治5年(1872)まで女人禁制。不動堂・涅槃図などの国宝のほか重文多数。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんごうぶじ【金剛峰寺】

和歌山県高野山にある高野山真言宗の総本山。山号、高野山。空海が唐から帰朝後816年に建立し、開祖となる。歴朝の帰依を受けて盛んとなり、古義真言宗の中心となる。「涅槃図」のほか仏像彫刻など多数を有す。古来、女人禁制として知られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android