コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛峰寺 コンゴウブジ

デジタル大辞泉の解説

こんごうぶ‐じ〔コンガウブ‐〕【金剛峰寺】

和歌山県伊都郡高野町にある高野山真言宗総本山山号は高野山。開創年代は弘仁7年(816)、開基嵯峨天皇開山空海。明治5年(1872)まで女人禁制。不動堂・涅槃図などの国宝のほか重文多数。平成16年(2004)「紀伊山地霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんごうぶじ【金剛峰寺】

和歌山県高野山にある高野山真言宗の総本山。山号、高野山。空海が唐から帰朝後816年に建立し、開祖となる。歴朝の帰依を受けて盛んとなり、古義真言宗の中心となる。「涅槃図」のほか仏像彫刻など多数を有す。古来、女人禁制として知られた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

金剛峰寺の関連キーワード和歌山県伊都郡高野町高精細デジタル撮影蛍光X線分析鎌田 観応龍池 密雄土師原穆秀真誉(1)空海(1)町石卒塔婆古義真言宗弘法大師竜池密雄高野参り孔雀明王河盛仁平水原尭栄南山大師女人高野加藤諦見山水屏風

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金剛峰寺の関連情報