コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠性 ミンセイ

3件 の用語解説(眠性の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みん‐せい【眠性】

蚕が孵化(ふか)してから繭を作るまで、眠(みん)の状態を何回もつかという性質。ふつう四眠性であるが三眠性・五眠性もある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みんせい【眠性 moltinism】

昆虫の幼虫が脱皮のために静止する状態を眠といい,幼虫期間になん回眠につくか(脱皮するか)という性質を眠性という。元来はカイコが脱皮の前に少量吐糸し体を固着させ,あたかも眠っているような状態になることからこう呼ばれたが,現在では昆虫一般にも使われることがある。一般に昆虫の表皮は成長に伴って連続的に増殖するものではなく,脱皮を行う過程で段階的にその表面積を増す。すなわち,脱皮直後の幼虫は多数のしわをもっており,成長するとそれが伸展し,限度に達すると眠に入り,古い表皮の下に多数のしわをもつ新しい表皮を作ったのち脱皮する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みんせい【眠性】

蚕が、孵化ふかしてから繭になるまでの間に、脱皮のために活動を停止する(眠る)性質。普通の蚕は四眠性である。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone