コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼底カメラ がんていカメラfundus camera

世界大百科事典 第2版の解説

がんていカメラ【眼底カメラ fundus camera】

眼底の状態を撮影するためのカメラ。眼底撮影の試みは検眼鏡の開発後10年ほどですでに始まり,1890年代が黎明期であった。近年,感光材料,光学設計などが進み,眼底の記録・研究には不可欠の装置として,眼底写真撮影は眼科診療の日常業務になっている。カメラは照明光源と撮影部とが一体となって組み立てられており,主として角膜表面の有害反射をなくし,かつ径10mmに満たない瞳孔から眼内照明と撮影を行う特別の機能をもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

眼底カメラの関連キーワード網膜中心動脈閉塞症網膜中心静脈閉塞症患者検査機器医用光学機械光学器械眼底検査

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼底カメラの関連情報