瞳孔の後天異常(読み)どうこうのこうてんいじょう(英語表記)Acquired anomaly of the pupil

六訂版 家庭医学大全科の解説

瞳孔の後天異常
どうこうのこうてんいじょう
Acquired anomaly of the pupil
(眼の病気)

 瞳孔は虹彩(こうさい)(茶目)の中央にある円形の(あな)です。瞳孔は瞳孔括約筋(かつやくきん)縮瞳(しゅくどう):瞳孔を縮める)と瞳孔散大筋(散瞳(さんどう):瞳孔を広げる)のはたらきによって大きさが決まります。暗所では散瞳し、明所では縮瞳することで、眼の中に入る光の量を調節しています。また近くを見る時も縮瞳しピントが合いやすくします(輻湊(ふくそう)といいます)。瞳孔括約筋は副交感神経に、瞳孔散大筋は交感神経にと、いずれも自律神経によって、瞳孔の大きさ(瞳孔径)は両眼同等にコントロールされています。

 瞳孔が円形でない、左右の瞳孔の大きさが違う(瞳孔不同)、光が当たっても縮瞳しない(対光反応がない)など、は瞳孔の異常です。

 瞳孔不同には、ホルネル症候群、瞳孔緊張症、動眼神経麻痺(まひ)、外傷・手術侵襲(しんしゅう)・点眼薬の影響などがあります。

田口 朗


出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android