コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輻湊/輻輳 フクソウ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐そう【××湊/××輳】

[名](スル)《車の輻(や)が轂(こしき)に集まる意》四方から寄り集まること。物事がひとところに集中すること。「雑務が―する」
「荷船や小舟の―する川口から」〈荷風牡丹の客〉
congestion》電話やインターネットなどの回線において、多数の利用者が特定の時間帯に集中することにより処理可能な容量を超え、不具合が生じたり機能が停止したりすること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

輻湊/輻輳の関連キーワード福・伏・副・幅・復・服・福・腹・袱・複・覆・輻浦賀水道こしき川口輻輳小舟四方雑務荷船

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android