コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代操 やしろ みさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢代操 やしろ-みさお

1853-1891 明治時代の法学者。
嘉永(かえい)6年生まれ。もと越前(えちぜん)(福井県)鯖江(さばえ)藩士。明治3年大学南校(東大の前身)にはいり,5年司法省明法寮でフランスの法学をまなぶ。11年講法学舎をひらいて法学をおしえ,14年岸本辰雄らと明治法律学校(現明大)を創設。のち元老院・貴族院書記官となった。明治24年4月2日死去。39歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢代操の関連キーワード明治大学明治時代嘉永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢代操の関連情報