コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢代東村 やしろ とうそん

2件 の用語解説(矢代東村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢代東村 やしろ-とうそん

1889-1952 大正-昭和時代の歌人。
明治22年3月11日生まれ。前田夕暮(ゆうぐれ)の白日社にはいり,「生活と芸術」などに短歌を発表。大正4年から口語歌をはじめ,プロレタリア短歌運動にくわわる。11年弁護士を開業。戦後は「人民短歌」同人。昭和27年9月13日死去。63歳。千葉県出身。日大卒。本名は亀広。別号に都会詩人。歌集に「一隅より」「早春」。
【格言など】はらだたしわが満足はいつまでもいつまでも明日があづかりてあり(「一隅より」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢代東村
やしろとうそん
(1889―1952)

歌人。千葉県生まれ。本名亀広(かめひろ)、別号都会詩人。青山師範学校、日本大学専門部法科卒業、弁護士となる。前田夕暮(ゆうぐれ)の「白日社」に入り、『生活と芸術』など諸誌に短歌を発表。『日光』創刊に参加、また昭和期のプロレタリア短歌運動に活躍。戦後は『人民短歌』の中心の一人。口語行分けの表記による作に自在を加え、生活派を継承する口語歌を推進させた。歌集に『一隅より』(1931)、『早春』(1947)、『東村遺歌集』(1954)がある。[武川忠一]
 広い――/広い――/小麦畑だ。コンバインだ。/コンバインだ。/空は青いんだ。
『『新日本歌人 矢代東村追悼号』(1952.12・新日本歌人協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢代東村の関連キーワード生田蝶介伊藤生更大坪草二郎岡山巌菊池知勇鈴木康文谷邦夫徳光美福野上草男米倉久子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone