コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口語歌 こうごか

4件 の用語解説(口語歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口語歌
こうごか

口語を用いた短歌。伝統的な文語歌に対する。言文一致歌,自由律短歌などとも呼ばれる。明治 30年代に青山霞村,西出朝風鳴海要吉らによって口語歌運動が興り,大正に入って西村陽吉矢代東村らに受継がれ,昭和初期にはプロレタリア短歌運動として用語の変革からの内容の変革が唱道されたが,まもなく軍国主義が強まるにつれて,文学運動としては衰退の道をたどっていった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうご‐か【口語歌】

口語による短歌。伝統的な和歌の制約から離れ、言文一致運動の試みとして明治中期から始まり、石川啄木らによって実践された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうごか【口語歌】

口語の短歌。伝統短歌の制約を排し、また言文一致運動の試みとして始められ、石川啄木や土岐哀果ときあいからの口語発想の歌に至ってひとつの完成を示す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口語歌
こうごか

口語による短歌。短歌を現代の口語で書けという声は明治20年(1887)ごろの言文一致の運動とともにおこった。1888年(明治21)林甕臣(みかおみ)の「言文一致歌」の提唱に次いで、西出朝風、青山霞村(かそん)の試作に始まる。初期のものは文語短歌の口語訳といった形であった。「めいめいに寝るだけの巣はもつてゐて疲れて帰るそのあどけなさ」(西村陽吉)のように、一般に口語定型で生活派意識の強いのが特徴である。1926年(大正15)新短歌協会が結成され、霞村、陽吉、渡辺順三、松本昌夫(まさお)、清水信(しん)、花岡謙二、石原純(じゅん)らが参加した。口語歌はのちに非定型口語歌すなわち自由律短歌に移行し、近代主義的な傾向が目だった。[中野嘉一]
『中野嘉一著『新短歌の歴史』(1967・昭森社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口語歌の関連キーワード口語文法自由律歌誌諺解口語形文語形口語訳非伝統的安全保障熊谷武雄(2)西出朝風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone