口語歌(読み)こうごか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口語を用いた短歌。伝統的な文語歌に対する。言文一致歌,自由律短歌などとも呼ばれる。明治 30年代に青山霞村,西出朝風鳴海要吉らによって口語歌運動が興り,大正に入って西村陽吉矢代東村らに受継がれ,昭和初期にはプロレタリア短歌運動として用語の変革からの内容の変革が唱道されたが,まもなく軍国主義が強まるにつれて,文学運動としては衰退の道をたどっていった。昭和期の代表的作家は渡辺順三

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口語による短歌。短歌を現代の口語で書けという声は明治20年(1887)ごろの言文一致の運動とともにおこった。1888年(明治21)林甕臣(みかおみ)の「言文一致歌」の提唱に次いで、西出朝風、青山霞村(かそん)の試作に始まる。初期のものは文語短歌の口語訳といった形であった。「めいめいに寝るだけの巣はもつてゐて疲れて帰るそのあどけなさ」(西村陽吉)のように、一般に口語定型で生活派意識の強いのが特徴である。1926年(大正15)新短歌協会が結成され、霞村、陽吉、渡辺順三、松本昌夫(まさお)、清水信(しん)、花岡謙二、石原純(じゅん)らが参加した。口語歌はのちに非定型口語歌すなわち自由律短歌に移行し、近代主義的な傾向が目だった。

[中野嘉一]

『中野嘉一著『新短歌の歴史』(1967・昭森社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 口語の短歌。従来の和歌用語の制約から離れ、日常の話しことばを用いたもの。明治中期にその萌芽がある。定型の音律によるものと不定型自由律のものがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android