コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢島伊浜 やじま いひん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島伊浜 やじま-いひん

1796-1849 江戸時代後期の儒者。
寛政8年生まれ。豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩士。石川彦岳(げんがく)にまなび,天保(てんぽう)11年藩校思永館の学頭となる。学制をあらため,学館や聖堂を増築,修理するなど,教学の振興につとめた。嘉永(かえい)2年8月27日死去。54歳。名は焞辰(あきたつ)。字(あざな)は宗焞。通称は四郎右衛門。著作に「古文孝経註」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢島伊浜の関連キーワード友石宗左衛門入江淡儒者